2007年04月24日

サムの病気

サムの病気が分かったのは
一歳三ヶ月の時
フィラリアの薬を飲む前に行う血液検査でした
せっかく?採血するんだから
ほかの項目も調べときますか?なんて
先生に言われ、お願いしたら
結果が・・・がく〜(落胆した顔)

AST 63 正常値 16〜49
ALT 682  正常値 23〜89
ALP    179 正常値 23〜212  
(ALPはこの時は正常値でしたが次回から400前後になりました)

明らかに肝臓に障害がある数値ですたらーっ(汗)

その後 薬を飲み再検査
でも数値は下がらず
毎月、病院で採血されるサム
食欲が落ちるわけでもなく
見た目普通のワンコと変わりないので
本当に悪いの?なんて気にもなってました
ただ疲れさせないでと言われ
この頃トリミングはさみもダメ大好きだったホネもダメ
かわいそうだったな犬(泣)

半年後
詳しく検査をする為(レントゲン・エコー等)
半日入院ですたらーっ(汗)
結果、分かった事といえば
肝臓がほかの子に比べ小さいとの事
そして
病名は慢性活動性肝炎
たぶん ずっとお薬くすり飲み続けるんだろうな
でもホントに元気なんですよるんるん

始めは3ヶ月に一度だった血液検査も
今では半年に一度になり
薬のおかげ?(現在サプリメントも飲んでます)なのか
先日は

AST 37
ALT 151
ALP 238

まだまだ正常値ではないけど
ちょっと嬉しかった顔(イヒヒ)犬(笑)

サムにもライにも長生きしてほしいから
おやつも体にいいものをあげてます
なにかお薦めがあったら教えてね耳

ママがこんなに心配してるのに
のんびり寝ているサム

IMG_0860.jpg

こっちではクロワッサンのようなライ

IMG_0861.jpg

こらからも楽しい毎日過ごそうねGood

犬(足)肝臓は「沈黙の臓器」と言われ
症状(黄疸・食欲不振など)が出たときは治療が大変なんだそうです
サムの場合は早くわかってよかったと思ってます犬(足)

ニックネーム あーこ at 21:04| Comment(14) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする